排酸術 ①筋肉の深い部分に届く

排酸術はなぜ、長年固まっていたものを短時間でほぐせるのか?施術している私もとても不思議に思います。

あの棒は、簡単に言うと遠赤外線がでるようです。施術に使うと、気血の循環を促進して、代謝を良くして、免疫系統の働きを高める。

痛みのイオンを酸化分解し、筋肉の緊張をほぐして経絡のつまりをとるそうです。

私自身の長年のコリを取ったことがあるのですが、赤みが2〜3日黄緑色のアザのようになって消えて、それから全く同じ場所にコリはできません。

コリは一度取れるとよっぽどでない限り、また再びコリはできないと思います。

きちんとコリが取れるので身体の筋肉や骨格まで安定させることができるので、自分の身体で補強工事のようなことができるのはすごいことだ、と思います。

関連記事

  1. お子様連れ歓迎

  2. 足もみの不思議

  3. 排酸術② 老廃物の蓄積