膝の裏のむくみについて

膝の裏のむくみ、腰痛も腰に力がはいらないのも

東洋医学的には、「腎」を邪気が襲っている状態だそうです。

膝の裏は「ひかがみ」というそうですね。

では「邪気」とはなんでしょう。

稲垣吾郎のちょっと怖いテレビ番組で「邪気退散!」とかやってましたね。

邪気は、風、暑、湿、寒など外来の悪い刺激です。

でもこれって日本に生活していれば誰でも四季が変わるたびに常に経験することではないでしょうか。当たり前ですよね。

昔の聖人は、

自然からの邪気は病気のもとであるが、季節の変化に応じて生活をすれば、これらを避けることができる。

同時に安らかに無欲であれば精神的なしげきが避けられる。

すると体内の栄気(えいき)は滞りなく巡り、衛気(えき)はしっかりと体表を防衛し、侵入することはないだろう。

と皇帝内経という昔の本に書いてあります。

邪気が病気のもと?

よく邪気ってオカルト的に言われることが多いですが、ふつうに邪気だらけの中に私は達は暮らしているって怖いですね。

邪気を日常どうして払っていけばいいのか、今後テーマにしていきたいと思います。

関連記事

  1. 夏こそ冷え性に気を付けて

  2. カッサのシャはなぜできるのか?

  3. 台湾式足ツボとは?

  4. うつ病は足もみで治るのか

  5. 人の筋肉の7割が足にある

  6. 体の毒素