耳の不調は腎臓と関係あり

耳は腎臓の影響を受けるのは中医学の五行の式体表を見ればよくわかります。

難聴や耳鳴り、車酔いを含むあらゆる耳の疾患は腎臓と膀胱の影響を受けます。

それはなぜか?

⑴ 耳には、肝、胆、脾、腎の4つの経絡が走行しています。

→突発性難難聴は(私も数年前経験あり)肝胆の気が鬱結して熱を生成し、その熱が上昇して耳の竅(穴)をふさがれたものです。

⑵ 加齢により、腎の精が不足して骨髄を滋養できないため、耳の中にある鼓膜を支える骨の衰えが影響する。

⑶ さらに中医学では、耳の異常は心にも影響がらある、とされています。腎の熱が上昇して心を痛め、心熱が上昇して、頭部を痛めるために耳鳴りや難聴を引き起こす。

耳が悪ければ腎、つまり水分が体に溜まっているかもしれませんね。水毒です。

足もみで、水毒を排出したいですね!

関連記事

  1. 人の筋肉の7割が足にある

  2. 呉若石神父について

  3. 夏こそ冷え性に気を付けて

  4. うつ病は足もみで治るのか

  5. 体の毒素

  6. 膝の裏のむくみについて